トップへ戻る

看護師を辞めたい気持ちわかります!

 

看護師15年目のみさきです。

 

これまでに、スキルアップやいろんな分野に興味があり、
転職も経験してきました!

 

病棟、外来勤務のほかに、ツアーナースや
保育園に看護師として勤務もしました。

 

また、短期のパートや単発のアルバイトで
色んな職場を経験した時期もありましたよ。

 

これまでの私の経験から、何かアドバイス
できればと思いますので、参考にしてみてくださいね。

 

看護師を辞めたいと思う時ってどんな時?

 

仕事をしていると一度くらいは嫌なことがあったり、
落ち込んだりすることはあるのではないでしょうか。

 

看護師を辞めたいと思うことは
一体どのような時でどんな理由があるのでしょうか。

看護師辞めたい

 

身体的なつらさ

 

・業務が忙しい
・覚えることが多い
・介助が多い
・日勤や夜勤などの生活が不規則

 

精神的なつらさ

 

・患者さんの死に寄り添うのがつらい
・常に気を張っていないといけない
・女性の職場で人間関係が悪い
・先輩や医師が怖い

 

違う分野の仕事に興味を持った

 

元々の趣味やまわりの友人の仕事の話を聞いたりすることで、
他の仕事に興味を持つことはあります。

 

看護師として働くのがつらくなってしまったときに、
そうした看護師とは違う仕事に転職する人も多いです。

 

一番は身体的、精神的に仕事がつらい
ということではないでしょうか。

 

また、一つだけの理由だけではなく、
同時にいくつか悩みを抱えていることも多いですね。

 

新人看護師1年目で辞めたいです。乗り越えることはできる?

 

看護師をしていて辞めたいと思う時期は
ある程度決まっていると思います。

 

それは、まず最初の1年目ということ。

 

看護学生から実際に働いてみてのギャップや
自分のスキルが追い付かないこと、生活ペースが
ガラリと変わることで体調を崩してしまう人もいます。

 

そうした中で先輩に注意されたり、ミスをしてしまったりが重なると、
自分は看護師に向いていないのではないかと考えるようになります。

 

しかし、1年目ですぐ業務に慣れたり、
怒られないということはほとんどありません。
言ってしまえば、誰もが通る道なのです。

 

また、まわりの同期がいれば自分と比べてしまうこともありますし、
同期がいなくて一人の場合には、相談する相手がいなくて心細いものです。

 

それでは、、看護師を辞めたいと思うような出来事があったら
どうすればいいのでしょうか。

 

たとえば、「仕事が遅い」と怒られた場合には、
優先順位がつけられずに無駄なことが多い可能性もあります。

 

今すぐやらなくてはいけないことや、後でもできることなどを頭の中で整理し、
先輩たちはどのように動いているか観察、相談してみましょう。

 

このように怒られたことだけが心に残ってしまいがちですが、
それが自分に原因があるものなのか、
どうすれば改善できるかをを考える必要があります。

 

この問題解決能力がないと看護師だけではなく、他の仕事に就いたときも、
嫌なことがあるとすぐに辞めてしまうという流れになってしまいます。

 

しかし、体調を崩すほどにつらいと感じるようであれば、話は別です。

 

頑張りすぎてしまう真面目な人に多い傾向ですが、
夜眠れなくなった、食欲がないなどの初期症状に注意し、
そのような場合にはきちんと信頼できる先輩や上司に相談するようにしましょう。

 

場合によっては、休養が必要な場合もありますよ。

 

看護師4年目、もう頑張れないので辞めたいです。辞める理由は何と言えばいい?

 

看護師4年目での辞めたいと思う気持ちは
1年目とは少し違ってやや深刻ではあります。

 

それは、ある程度仕事が慣れてきて一人前になった時期に
辞めたいと感じるということは、誰もが通る道ではないからです。

 

しかし、4年目になると後輩が入ってきて、
中には新人指導をしたりすることもありますし、
先輩から後輩のことについて怒られることもあります。

 

このように中堅の一歩としての悩みが出始める時期ではあります。

 

ここで大事なのは、看護師を辞めた方がいいのか、
別の職場に移れば改善されることなのかを見極めることです。

 

たとえば人間関係や業務に関することは
転職することによって改善される可能性があります。

 

しかし、患者さんとの関わりが苦痛になってしまうなどの
根本的な看護に対しての気持ちが揺らいでしまっている場合には、
転職しても改善されないと思います。

 

そのような場合には一旦辞めるという手もありますが、
病院側としては4年目くらいのある程度経験があって、
独身の働き盛りの看護師をすんなり辞めさせてくれるところは少ないでしょう。

 

そのため、きちんとした理由を持っていないと、
なかなか辞めさせてくれない状況に陥ることもあります。

 

きちんとした理由というのは、結婚などの理由や
スキルアップのための転職などです。

 

人間関係や業務が忙しいなどの本音は言わない方が
円満退職のためには有利でしょう。

 

一言で、転職といっても、簡単なことではないですよね。
ましてや、また自分に合わないところだったらなんて考えてしまいそうです。

 

今は、看護師の転職では、多くの看護師が利用している
看護師転職求人サイトがあります。

 

もちろん私も、転職のとき、単発のアルバイト探し、
短期のパートなどの求人は、看護師転職求人サイトに登録して探しました。

 

このサイトに登録すると、担当のアドバイザーがついてくれるので、
自分の条件などの相談にものってくれますし、アドバイザーさんの
知っている情報もどんどん教えてくれ、とても参考になりました。

 

サイト登録は、まだ辞める前にしておくといいですよ。
アドバイザーさんが円満退職のための病院への伝え方など
詳しく教えてくれるので^^

 

たくさんある、看護師転職求人サイトの中でも、実績があり、
多くの看護師や私が登録しているサイトをランキングで紹介しますね。
ぜひ、参考に!

 

求人情報は業界最大級で、非公開求人も多い「マイナビ看護師」
選任のキャリアコンサルタントが転職をバックアップしてくれます

全国10万人が利用する、看護師さんの気持ちを最大限に尊重した
心ある転職サポートをしてくれます

選任コンサルタントが一貫サポート/国内最大級の求人数
最大5万円の「転職支援金」

 

求人の比較検討ができるので、私もですが、多くの方が、
2〜3ヶ所のサイトに登録しているようです。

 

看護師を辞めて、違う職種に転職したいです。どう思う?

看護師辞めたい

 

看護師を辞めて他の仕事に転職する場合、
一番気を付けてほしいことは、
看護師の常識は一般常識ではないということです。

 

看護師として経験があるから大丈夫だろうと企業などに転職した場合、
社会人マナーがわからなくて苦労した、
看護師に戻りたいと後悔する人もいるようです。

 

そのため、看護師としての経験が何年あろうが、
転職をして1年目ということを忘れないようにしてください。

 

また、給与の面などでは手取りや手当が減る可能性もあります。
特に病棟で夜勤をしていたころに比べると5万円〜10万円ちかく変わる場合もあるのです。
そのような面も含めてよく考えるようにしましょう。

 

中には、看護師の資格があれば有利になる仕事もあります。
美容系や医療機器の企業、ライター業などでは、
看護師の資格を生かした仕事ができるので、転職の際に有利になるでしょう。

 

現状が辛くてどうにもならないということであれば、
勇気を持って看護師を辞めることも一つの手です。

 

看護師を一度辞めても資格は残るので、
また戻りたいときに戻るという選択肢もあります。

 

最近では復職プログラムなどにも力を入れているところも多いので、
自分に合った働き方を選んでいきましょうね。

 

「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんなあなたに[ナースではたらこ]

 

新卒1年目は大半の人が辞めたいと思っている

 

看護師の1年目は、本当にたいへんですよね。

 

覚えること、習得することが山のようにたくさんあって、
厳しい先輩看護師がいたり、気難しい患者さんがいたり、
怖いドクターがいたり・・・

 

できない自分がいたり・・・

 

そうなると、辞めたいと思うのは当然です!

 

ネットの相談書き込みをみていても、
看護師辞めたいと言っているのは、
就職後1年未満の人がとても多いようです。

 

学生時の実習でも見えなかった、
看護師としての責任の重さ、緊張感がありますし、
現実の厳しさを感じるからでしょうか?

 

ただ、ここで知っていて欲しいことは、
どの仕事であっても、初めはとても大変で辛いことがあるということです。

 

人気のCAも、とても華やかで、希望者がとても多いですが、
実際の勤務となるととても過酷なものだと思います。

 

もしかしたら、看護師の世界よりも・・・とも思います。

 

学校の先生も、幼稚園の先生も、何の仕事に就いても大変なのです。

 

コンビニのアルバイトも、スーパーのパートも
気楽に楽しめそうに見えますが、初めは覚えるまでが大変なのです。

 

この新人、1年目というのは、仕事に就いた人は
必ず乗り越えなければならない壁なのです。

 

これを乗り越えることができたら、
今後、転職したり、違う仕事をはじめることにしても、
大変なのは、今だけと自分に言い聞かせ頑張ることができますね。